院長紹介

略歴

院長 大石洋平

院長 大石洋平

1977年東京生まれ。
サラリーマンの父と専業主婦の母という一般家庭で育つ。
小、中学校は地元の公立に通い、私立開成高校に進学。
宇宙飛行士を目指していたが,視力の低下を理由に断念。
当時、歯がぼろぼろで苦労をしていた母をみて、歯科医師の道を志す。
国立東京医科歯科大学歯学部に進学し、歯科医師免許を取得後、
国内有数のインプラント施設である横浜インプラントセンターに就職。
その後、東京都内の審美治療専門のクリニックや、
インプラントをメインとする歯科医院で副院長をつとめ、2005年に北上尾歯科を開業。

活動、著書

ストローマン社(世界的インプラントメーカー)と株式会社YOSHIDA(国内最大手医療機器メーカー)の講師として以下の講演を行う

  • デジタルマイクロスコープ講演
  • 口腔インプラント学会講演
  • インプラントセミナー講演
  • 口腔科学会講演

その他、インプラント、デジタルデンティクス、医院運営システム、歯科大学生キャリアセミナーなど多数講演を行なっている

  • 口腔インプラント学会講演

  • デジタルデンティストリーイヤーブック

所属

  • 口腔外科学会
  • ITI
  • ストローマン インプラントインストラクター
  • 株式会社YOSHIDAグループ21セミナー講師
  • デジタルマイクロスコープNEXT VISIONインストラクター

サティフィケート・認定証

インプラント、矯正など様々な分野のサティフィケートを授与されています。

〜The needs of the patient come first.〜
患者さんの希望を一番に優先する

これは全米でも優れた病院として評価されている、メイヨークリニックが掲げるミッションです。そしてこの言葉は私の歯科医療に対する想い、そのものであります。 医学の進歩によって、一本の虫歯治療でも様々な治療法や材料の選択が考えられる時代となりました。その中で「どれが医学的に最良なのか」という問いには歯科医師が答えるべきですが、「何が目の前の患者さんにとって最適なのか」という問いには患者さんの気持ちを聞かずに決めることはできません。 私は医学的に最良な治療法が、どの患者さんにとってもベストであるとは思いません。患者さんそれぞれの価値観、考え方、生活環境によって、変わるものだと考えます。 その治療にはどのくらいの時間がかかり、費用がいくらかかり、どの程度の痛みやリスクを伴うのか?といった情報をしっかりお伝えし、患者さんとお話をしながらベストの治療法を選択していきたいと思います。

天狗にならない

歯科医師というのは、卒業直後の社会人一年目から「先生」と呼ばれる特殊な職業です。昨日までただの学生だったのに、資格を取ったらいきなり「先生」になります。こういう状況を勘違いしてろくな努力もせず、プライドばかり高くなってしまう歯科医師もめずらしくありません。私はそういった歯科医師をみると本当に恥ずかしくなります。 自分の仕事にほこりをもち、責任を果たすうえでのプライドは大事ですが、プライドばかりの「偉そうな先生」になるくらいなら、私はバカでいたいと思っています。 患者さん、スタッフ、関係業者の方、北上尾歯科にかかわるすべての人にいつも変わらぬ謙虚な姿勢を保っていきたいと思います。

最新技術の習得

北上尾歯科 歯科医師 大石洋平

私は通常のむし歯治療から、親知らずの抜歯、骨移植を伴うインプラント手術、矯正治療、など様々な歯科治療を自ら手がけています。 一般的に、矯正治療や難しい抜歯などは自ら行わず、専門医や大学病院に紹介することも多い中、私のような歯科医師は珍しいタイプです。 もちろん私も症例によっては専門医をご紹介することもあります。しかしせっかく歯科医師になったのですから、自分の知識や技術の幅を全力でひろげ、患者さんの様々な悩みに対応できる総合歯科医になりたいと考えております。そのために、学会に参加し、技術研修を受け、論文を読み、自己研鑽を怠りません。また、科学的に効果の実証された最新の医療機器は、積極的に設備していくことをお約束いたします。 「日々学ぶこと」それはわれわれ歯科医師が患者さんに果たすべき義務であると同時に、自分自身の楽しみでもあるのです。