北上尾歯科にデジタルマイクロスコープが入りました。

2020年5月18日

北上尾歯科にデジタルマイクロスコープという新しい機械が入りました。

当院では以前よりマイクロスコープを使用し、根管治療や精密審美治療などを行っておりました。このマイクロスコープをデジタル化したものが今回導入したデジタルマイクロスコープです。

従来のアナログタイプのようにレンズを覗き込む必要がないため、自由な角度からお口の中を撮影することが可能です。また最大80倍までのズーム機能がついており、非常に精密な治療ができるようになっています。

 

ボタンひとつでズームやフォーカスができる点はデジタルならではの特徴であり、術者としては非常に便利です。

わかりやすく例えると、従来型のマイクロスコープが昔のフィルム式のカメラ、そして今回導入されたデジタルマイクロスコープはデジカメと言えるでしょう。

デジカメのように設定が不要で手軽に使用ができるためマイクロスコープ下での顕微鏡治療がより身近なものになると思います。

 

埼玉県でデジタルマイクロスコープを初めて導入したのは北上尾歯科で、日本全国でもまだ数えるほどしか導入されていない機械です。そのため国内最大手医療機器メーカー株式会社YOSHIDAより依頼を受けて、デジタルマイクロスコープの使用法について講演を行いました。

通常こういった歯科医師向けの講演は大きな会場を使用して行うのですが、今回はコロナの影響でズームを使用したオンラインセミナーとなりました。

受講者がいない状態でカメラを前にして話すのはなかなか難しいものでしたが、非常に多くの先生方に聞いていただき、大変好評でした。

すべてのブログ記事一覧