口臭の原因は?

2014年6月20日

「最近胃の調子が悪くて、口臭が気になるんです…」
ちょっと待った!その口臭、本当に胃が原因ですか?

なんか安っぽいCMみたいになってしまいましたが、最近口臭に関する相談をよく受けるので少し解説します。

では質問、口臭の主な原因はどちらでしょう?
①胃や腸などの消化器官 ②歯や舌などの口腔内

正解は②
実は口臭の8割が口の中に原因があると言われています。
具体的には、歯周病、虫歯、歯石、歯垢、舌の汚れなどです。

口の中にはものすごい数の細菌が存在します。歯をしっかり磨く人でも2000億匹、しっかり磨かない人には1兆匹の細菌が潜んでいると言われています。なんだかよくわからなくなるような数字ですが、あなたのお口の中には、全世界の人口より遥かに多くの細菌がいることになります。
そしてその細菌から放出される毒素(揮発性硫黄化合物)が混ざりあい、強烈な匂いが発生します。

つまり、いくらガムや洗口液で臭いを隠そうとしても、歯をしっかり磨かないと全く無意味です。
生ゴミが臭うからといって、消臭スプレーかけたところでまたすぐに臭くなりますよね!一番の対処法は生ゴミを捨ててしまうことです。

ですので、口臭予防の基本はしっかり歯ブラシをすることと、歯医者さんでクリーニングを受け、歯石や歯垢を除去することです。
「自分は歯がいいから、何年も歯医者に行ってない!」と思っている方、要注意です。

ちなみに、口臭が全くない方はいません。他人からすれば気にならないレベルの臭いでも、自分ではすごーく気になってしまう方もいます。これを自臭症といいます。
「自分の口は臭いんじゃないか?」→「みんな自分のことを臭いと思っている」→「臭うからしゃべれない」と思考が悪循環に陥り、引きこもりやうつ病を引き起こすこともある精神疾患です。
実は大学病院の口臭外来を受診する方の9割が、この自臭症だったりします。
口の中が汚い方ほど自分の臭いに鈍感で、歯ブラシも完璧で口臭もしない方ほど自分の臭いを気にする傾向があります。

ちなみに、写真は「舌ブラシ」というものです。舌の上に付着した白い汚れ(舌苔という)をとるための器具です。舌苔も口臭の原因になりますが、あまり気にして磨きすぎると、舌の表面を傷つけてしまうことがあります。ほどほどにお願いします。

 

すべてのブログ記事一覧