指の本数、歯の本数

2019年10月7日

あなたの指は何本あるかわかりますか?

「ばかにしてるのか!!」と怒られてしまいそうな質問ですよね。おそらくほとんどの方は左右5本の計10本だと思います。ではここでもう一つ質問。

「あなたの歯の本数は何本ですか?」さっきより圧倒的に難しいかもしれません。永久歯は全て揃っていると28本ありますが、今までに歯を抜いている方はもうちょっと少ないかもしれません。指も歯も同じ体の一部で、どちらも毎日使うとても大切なものです。それなのに歯は指と違って、何本あるのかわからなかったりします。「今日、歯医者に行って奥歯抜いたんだ〜」って笑いながら話す人はいるかもしれませんが、「今日、外科に行って人差し指をとってきたんだ〜」なんて笑って言う人はいませんよね。

もちろん、指と歯が違うことはわかります。でも歯だって失うととても不便です。寿司を食べようと思って指でつまんでも、歯がなかったら食べられません。患者さんと話していると、歯の価値は失ってから痛感することが多いようです。

歯を守る第一歩はご自身の歯の本数を知っていただくこと、そして歯の状態を患者さんご自身に理解していただくことだと思います。ご自身の歯の本数がわからない方、ぜひ歯医者さんで聞いてみてください!歯医者は痛くなったら時にいくところではありません。定期的な検診とメンテナンスで歯を守っていきましょう。

 

この記事は大石が読売さいたまに連載しているものを引用しています。

すべてのブログ記事一覧