虫歯、歯周病、かみあわせ

2013年5月21日

日本人の三大死因は、癌、心臓病、脳卒中です。では、歯の三大喪失原因は何だかわかりますか?虫歯、歯周病…あとひとつはちょっと意外かもしれませんが、力(噛み合わせの力)です。噛み合わせの力?と思う方も少なくないでしょうが、これは歯科医師のあいだでは常識です。
わかりやすく歯を花壇の植木におきかえてみます。植木が虫に喰われて穴が空いた状態が虫歯、花壇が壊れて植木がたおれた状態が歯周病です。そしてボールがぶつかって植木が折れた状態は、過剰な噛み合わせで歯が折れたことに似ています。
ではそんなに簡単に歯が折れるのでしょうか?折れるんです。人間のかむ力は男性で60キロ、女性で40キロくらいと言われています。さらに夜間の歯ぎしりではその倍、100キロを超えると言われています。これだけの力が毎日加わると、歯がいくら硬いとはいえやはり壊れます。
よく噛むことはいいことですが、硬いものを噛んだからといって歯は強くなりません。宝物はだいじにつかいましょう!
写真)歯ぎしりによる破折で抜歯になった歯です。ご覧の通り真っ二つ!こうなると治しようがありません。

すべてのブログ記事一覧