歯の根が真っ二つ

2010年2月16日

二週間前からかぶせた歯が痛むとのことで来院された患者さんです。
原因は歯の根が真っ二つに割れていて、周りが炎症をおこしていました。ここまで悪くなっていると、さすがに抜くしかありません。

ではこの歯はなんでこんなになったのでしょうか?

虫歯、かみ合わせ、いろんなことが考えられますが、歯の神経がなくなってしまったことで歯の強度が落ちたことが大きく影響していると思われます。
歯の内部には神経とともに血管が走行しており、歯に栄養を与えています。
神経を抜く治療をすると、その血管も取ることになり歯は枯れ木のようになりもろくなります。

神経を抜いた後、被せ物をいれることが多いのは弱くなった歯を保護する考えがあります。
しかし、いくら被せても根がこうなってしまってはどうにもなりません。

最近はグラスファイバーで歯の根を補強する方法もあります。

もちろん神経を抜くことがないにケアすることが大事ですね。

すべてのブログ記事一覧