痛みが怖い方のリラックス麻酔(セデ―ション)

全身麻酔により、寝ている間に全ての治療を終えることが可能です。痛み、音、振動などの不快感を感じたくない、歯科治療が恐い方にお勧めです。

人工歯根(インプラント)埋入手術、親知らずの抜歯、歯周病手術などの歯科手術は一般的に局所麻酔で行われます。
しかし通常の局所麻酔では、意識がはっきりしているため不快な”音”や”振動”を感じます。
そのような患者さんの不安や緊張を取り除くためにリラックス麻酔(セデ―ション)を行います。

リラックス麻酔(セデ―ション)の特長

全身麻酔とは違い安全性の高い麻酔です。また、歯科麻酔の専門医師が全身管理いたします。

<麻酔科医とは>

<セデーション中の状態>

静脈から鎮静剤を投与し、意識を薄れさせ、軽い眠りを手術中、うとうと眠っているような状態誘発させる方法です。全身麻酔と違い、痛みを消失させる作用はありません。そのため、局所麻酔をしてから手術をします。鎮静剤の効果で眠っている間に局所麻酔をしますので、患者さんは、ほとんど何も覚えていません。

リラックス麻酔(セデ―ション)による手術の流れ

(1)点滴で鎮静剤を注入

腕の血管(静脈)から点滴で鎮静剤を注入します。

(2)うとうとねむくなります。

しばらくするとうとうと眠くなります。意識がほとんどない状態で、口の中に局所麻酔を行い、手術を開始します

(3)手術が進みます。

気づかぬうちに手術が進みます。痛みはもちろん、嫌な音や振動を感じにくくなります。

(4)休憩後帰宅

手術が終わって点滴を抜くと、すぐ目がさめます。少し休憩したら帰宅していただきます。(車や自転車の運転は控えてください)

リラックス麻酔(セデ―ション)のメリット

▶手術中の不快な記憶は残りません。
▶血圧や脈拍が安定するため、高血圧や心臓疾患を有する患者さんでも受けられます。
▶良く寝たなーと気持ち良く眠りから覚める患者さんが多いです。</li>
▶気づいたら手術が終わっていたと手術時間を短く感じます。</li>
▶次回の手術もリラックス麻酔(セデ―ション)を希望される患者さんが多いです。積極的に手術に臨めます。

費用

80,000円(税抜/保険外)

基本的には保険外となりますので、1回80,000円(税抜)となります。
ただし、麻酔時間、使用薬によって多少ちがいがありますので、詳しくは歯科医師にご相談ください。