審美歯科

北上尾歯科は「美しさ」と「健康」が共存した、本当に美しい歯を追求しています。

審美歯科治療

見た目の美しさだけを実現するために、ただ削ってかぶせるような審美歯科治療をよくみかけます。しかし美容のことだけを考えて健康な歯を犠牲にしてしまってもいいものでしょうか?

答えはもちろん「NO」です。

私は、美しくそして健康な歯でいることがなによりも重要だと考えます。
そのためにはお口の中を総合的に診断する能力や精度の高い治療技術、そしてそれを支える歯科技工士の腕が必要です。 これらの要素を総合的に追求することで、本当の意味での審美歯科が実現できるはずです。
美しく、そして健康な口もとをご希望される患者様はぜひご相談ください。

審美歯科は何が違うのか?

「美しさ」と「健康」を求めた精密審美歯科がどういったものなのか?細かなポイントを含めて解説いたします。以下は実際に当医院で治療したオールセラミッククラウンの症例です。

1治療前には模型や写真を使い、最終的な歯の色や形、治療費用や回数について患者様と相談します。十分なカウンセリングの行い、患者様にご理解頂いたうえで治療を始めます。

精密ポイント1北上尾歯科には歯科技工所があります!

技工士立ち会い写真
審美歯科では、歯科医師と歯科技工士の連携が治療成功の鍵となってきます。しかし、一般的な歯科医院ではスペースや費用の問題から歯科技工士を雇用することが難しく、院外の歯科技工所に委託していることが実情です。また最近では低価格を理由に、さし歯やつめものを中国から輸入している歯科医師もいると問題になりました。 北上尾歯科では、歯科治療において歯科技工士の役割は非常に大きいと考え、二階に歯科技工所を併設しております。そこには最新の技工設備とセラミックを専門とする歯科技工士が常勤しております。 患者様のご希望によっては歯科技工士が治療に立ち会い、直接お話いただくことも可能です。歯をつくる歯科技工士が直接患者様の歯の色や形態を確認できることが大きな特徴です。
歯科技工所

2健康な歯はなるべく削りたくないところですが、そこにこだわりすぎてしまうと、かぶせものの厚みが不足してしまい、色や形態が悪くなってしまいます。やみくもに歯を削るのではなく、最終的なかぶせものの形態を計算して、適切な大きさに歯を削っていく必要があります。 ある程度の形ができたら、仕上げに角ばった所を綺麗に丸めて、表面を磨き上げていきます。この作業はミクロレベルの精度で行われます。

支台歯の写真

3審美歯科治療を成功させるためには、歯だけでなく歯肉にも気をつかう必要があります。歯周病や歯肉炎の患者様は歯茎の治療もおこないます。 歯と歯ぐきが美しく自然に調和するように、特殊な糸で歯肉をおさえながら仕上げていきます。

圧排の写真

精密ポイント2歯だけでなく歯肉のことも考えます

ブラックマージンの写真 
〜よく見かける失敗例〜
かぶせものの辺縁がピッタリと合わないと、隙間ができて黒っぽく見えてしまいます。これを「ブラックマージン」とよびますが、このようにならないためには歯肉圧排とよばれる作業が必要です。歯と歯肉の間に細かい糸を巻くことで、歯肉を排除した状態で精密な治療を行うことができます。患者さんによって薄い歯肉、厚い歯肉、色々とありますので、圧排糸も数種類使い分けます。 (なお保険適用のプラスチック冠やメタルセラミックでは、金属色が透過するため、どうしても歯ぐきの境目が黒くなってしまいます。)

4 歯肉をおさえていた糸を外して、歯の型をとります。型取りの良し悪しは、最終的なかぶせものの仕上がりに大きく影響します。必要があれば複数の材料で型を取ることもあります。

精密ポイント3型どりにこだわります

シリコン印象の写真
この型取りは、通常とは違うシリコン印象材というと特殊な材料を使用しています。シリコン印象材は、通常使用されるものにくらべ変型が非常に少ないため、できあがるセラミックの精度が高くなります。しかし非常に高価な材料のため、一般診療では使用されていません。

5歯科医師がとった型から、当医院の歯科技工士がオールセラミッククラウンをつくります。歯の色や形は患者様によって全く違うため、複数のセラミックを何層にも重ねて自然で美しい色調の完全オーダーメイドでつくります。 北上尾歯科では院内に歯科技工所があるため、担当する歯科医師と技工士が綿密に相談しながら歯をつくっていきます。

ラボ写真
製作物写真

6できあがった歯を最終調整し、光を当てると瞬間的に固まる特殊な接着剤で着けていきます。 色や形が難しい症例では、完成したオールセラミッククラウンを患者様のお口に試適して最終チェックします。この際、歯科技工士が直接患者様のお口を拝見したうえで微調整することで、より完成度の高いものができあがります。また院内に歯科技工所があると、こういった微調整はその日のうちに行い、当日中に完成できるメリットがあります。

 接着写真

オールセラミックは接着材の色が表面に透過し、歯全体の雰囲気が変わってしまうことがあります。そのため接着剤にも複数の色調があり、患者様の歯の色にあわせたものを選択しています。

各審美歯科治療の特徴と料金

インレー(つめもの)

種類 画像 特長 審美性 耐久性 生体
親和性
費用
(税抜)
説明 保証
期間
ハイブリッド ハイブリッドセラミック 強化プラスチックでできた白いつめものです。「自然な白さ」 30,000円 ご自身の歯と同じような自然な色調で、治療した所が目立ちません。経年的に変色と摩耗がおきます。 なし
セラミック セラミック セラミックでできた白いつめものです。「変色しない白さ」 50,000円 着色や摩耗がほとんどなく、長期的にきれいな状態で使うことができます。セラミックは汚れがつきにくく、虫歯にもなりにくいです。 5年

クラウン(かぶせもの)  

種類 画像 特長 審美性 耐久性 生体
親和性
費用
(税抜)
説明 保証
期間
ハイブリッド - 合金に強化プラスチックをはりつけた白いかぶせものです。 50,000円 変色することと強度面で不安があるため、適応症が限られます。 5年
シンプルセラミック シンプルセラミック 単一のセラミックでつくります。 80,000円 耐久性があり、変色しません。単一のセラミックのため、細かな歯の色調を再現することは出来ません。 5年
メタルセラミック メタルセラミック 金合金の表面に、セラミックをはりつけたものです。 90,000円 耐久性があり、変色しません。内部に金属を使用するため、歯の透明感は再現できません。 5年
オールセラミック オールセラミック 複数のセラミックを重ねてつくります 100,000円 各患者様の歯にあわせて、歯科技工士が完全オーダーメイドで作り上げます。細かな色調まで再現可能です。 5年
ジルコニアセラミック ジルコニアセラミック ジルコニアを使用したオールセラミックです。 120,000円 オールセラミックにジルコニアのフレームを使用し、最高の審美性、強度を追求したかぶせものです。 5年