かたいものを食べると・・・

2012年9月22日

私は硬い食べ物が好きだ。ネギマより軟骨、食パンよりフランスパン、酒が入ってきた時は氷を丸かじりする悪癖がある。
なぜだろう?
昔、父(歯科医師ではない)から「硬いもの食べないと歯が悪くなる」と言われたからかもしれない。硬いものを規則的に咀嚼することでストレスを発散しているからかもしれない。
しかし、歯科医師である私は硬いものを噛むことは歯を破壊する行為であることを自覚している。
よく噛むことは唾液の分泌を促し、消化器を助け、脳細胞を活性化させる。よく噛むことは健康維持に大きく寄与している。
ただ誤解してはいけないのが「よく噛む」ことと「硬いものを噛む」ことは違うのだ。歯はアパタイトの結晶構造でできており、過度の加重によって破壊される。ただでさえ毎日使っているのに、好んで硬いものを食べたらどうなるか、結果は自明の理である。

写真)先日私の前歯の先がほんのちょっとかけました。今回は自省の念をこめてエッセイ風で書いてみました。

すべてのブログ記事一覧